ペットという言葉の意味や存在は何?ペットいろいろ!

ペットとは一体何を指すの?

ペットとは、人間と一緒に暮らしている、つまり人間が飼っている動物のことを指します。いわゆる牧場などでの「家畜」とはまったく扱いが違っていて、それが例えどんな動物であったとしても、基本的にペットであれば家族として接します。また、家畜とペットには、家畜が基本的に食べたり、売ったり、ネズミ避けをしたりという風に使われるのに対し、ペットはどちらかといえば見てかわいがるものであるという風な大きな違いがあります。日本全国にペットショップがたくさん出来て、フードなどのえさの種類や、おやつ、おもちゃ、ベッドから服やアクセサリーに至るまで、ペットのための商品は年々増えてきています。ペットを亡くしたことによる悲しみや喪失感から抜け出せない状態を表す「ペットロス」という言葉が生まれたり、ペット専門の葬儀社や霊園が使われるようになりました。それもこれも、昔と比べて「ペット」が飼い主やその家族にとってかけがえのない存在になってきていることを示していると言える。

ペットのいろいろな種類!

「ペット」と一言に言っても、ペットにはいろいろなものがいます。よく聞く犬や猫、鳥やハムスターだけではありません。世界には、毒ヘビなどの有毒生物や、虎、ライオンなどの猛獣を飼っている人たちがいます。その中には、飼うだけではなくそれらの動物と仲良くしている人もいます。世界に置いても彼らは珍しい存在なので、テレビなどで取り上げられたりすることも決して少なくありません。

一人暮らしの方。お子様が独立してしまった方必見!ペットショップで新しい家族を探してみてはいかがですか!?