知っておきたい「七五三」子供の衣裳の基礎知識

七五三はどんな着物を着ればいい?

子供の成長の節目を祝う「七五三」は、どのような衣裳でお参りすれば良いのでしょうか?一般的な3歳、7歳の女の子、5歳の男の子の衣裳について紹介します。3歳の女の子はベストのような被布を着るスタイル、結び帯を合わせるスタイルがあります。被布を着る場合は帯も兵児帯なので着付けも簡単です。帯を結ぶ場合は本式の帯を結んでも良いですが小さい子供には大変なので、はじめから帯が結んである結び帯を用いることが多いです。着物には筥迫や帯揚げ、志ご貴などの小物を合わせます。7歳の女の子は、大人と同じように帯を締めます。着物の仕立ても大人と同じ本裁ち、または四つ身になります。帯は結ぶタイプと、飾り結びが作られている作り帯があり、ほとんどの方が作り帯を利用します。小物は筥迫や扇子を合わせます。5歳の男の子は、着物に角帯、袴、その上から羽織を着ます。小物は短刀と末広の扇子を合わせます。男の子も3歳で祝う地域もあり、その場合は羽織は着ず袴姿で祝う形が多いようです。

七五三は洋装ではダメなの?

七五三は基本的には着物姿で祝うものですが、洋装でもかまいません。その場合はフォーマルなものを選ぶことがポイントです。女の子であればワンピースやドレス、男の子であればスーツなどがおすすめです。女の子はヘアスタイルもアレンジして髪飾りを華やかなものにしたり、コサージュなどひと手間加えておしゃれに、男の子は足元は革靴にするなど、いつもよりワンランクアップした装いでお参りしましょう。

七五三は3歳5歳7歳の子供が成長した事を祝う行事です。11月ごろ神社などに行って祈祷してもらうことです。