ペット保険には種類がある!補償割合や給付のタイプ!

健康保険タイプか民間医療保険タイプか

人の場合、何らかの公的医療保険に加入をしています。公的医療保険であれば、病院での治療費の負担が軽減されます。通常は3割になり、高齢者などは1割になる場合もあります。入院や手術も健康保険の範囲なら受けられます。民間の医療保険では、手術や入院をしたときに別途受けられるようになっています。費用が掛かるので入る人もいるでしょう。ペットの場合、人のような公的医療保険はありません。何も入っていなければ、病院から請求されるお金をそのまま支払う必要があります。かなり高額になる場合もあります。タイプはいくつかあり、人の公的医療保険のようなタイプがあります。かかる医療費の負担が軽減するタイプです。その他、手術や入院時に一定額を受けられるタイプもあります。

補償割合を選択できる場合

人の公的医療保険の場合、保険料は所得などによって決められています。受けられる補償は、基本が3割で、一部1割の人もいます。ペット保険を利用するとき、補償割合が選べるようになっています。50パーセント補償してくれるタイプ、70パーセント補償してくれるタイプなどです。補償割合が大きくなれば、その分その都度の医療費の負担は軽減されます。ただし毎月の保険料は高くなります。月々の負担を減らしたいなら補償割合が低いタイプを選ぶのが良いでしょうし、医療費負担を減らしたいなら割合が高いものの方が良いでしょう。元気であればあまり病院に行く機会もないので低くても良いでしょう。病気がちなのがわかっているなら、補償が高いタイプがいいでしょう。

ペット保険とは怪我や病気などでかかった医療費を保険が補てんしてくれることです。動物の治療費は高額なので、保険会社でもいろいろプランを取り扱っています。